健康的に暮らす自然素材・温度バリアフリーの木造注文住宅

  • 栃木県、自然素材・無垢材で家づくり。

    栃木県、自然素材・無垢材で家づくり。

    出来るだけ栃木県産の木材、無垢材や自然素材で家づくりを提案しています。地元栃木県産の木材を使うことで森林のサイクルを守り環境保全につながります。外国産の木材は安価なものも多いですが、海外からの運搬に使われるエネルギーを考えても環境にやさしいとは言えないからです。

    詳しく見る

  • 栃木県、自然素材の健康住宅

    栃木県、自然素材の健康住宅

    栃木県民に自然素材の健康住宅で安心して暮らしてほしいですね。
    健康住宅ってどんな家を言うのでしょうか?一般的に健康住宅といえば、シックハウス対策のために、自然素材を内装に用いた揮発性有機化合物の発生が少ない住宅を健康住宅と言っていると思います。

    詳しく見る

  • 栃木県で健康的な田舎暮らし、別荘生活。

    栃木県で健康的な田舎暮らし、別荘生活。

    栃木県で田舎暮らし、移住、別荘暮らしをしたいと思ってくれている方を脅かすつもりはないけれど、知っておいてほしい事実があります。栃木県は日本の中で特に寒い地域でないのは皆さんご存知の通りですが、冬季死亡者数増加率はワースト・ワンの不名誉な県だったのです。

    詳しく見る

  • 栃木県、ヒートショック対策は必須。

    栃木県、ヒートショック対策は必須。

    栃木県の冬季死亡者数増加率が高いのは、栃木県民の生活習慣が原因と思われる。浴室・脱衣室の室温の低さからヒートショックを起こしなくなる方が多いと思われる。全国で見ると入浴中の死亡者数は年間17000人、交通事故死亡者数4,117人の4倍。

    詳しく見る

  • 栃木県、木の家で健康的に暮らす。

    栃木県、木の家で健康的に暮らす。

    栃木県にはまだ自然豊かな環境が残されていますが、実際に生活している建物の室内環境はどうでしょうか。新建材に囲まれた空間で長時間生活し続けることは、家族の健康とって問題ないのでしょうか。

    詳しく見る

  • シックハウス症候群

    シックハウス症候群

    新しい住まいに慣れたころ、風邪や花粉症に似た症状に悩まされていたら、それはシックハウス症候群かもしれません。シックハウス症候群とは、“居住者の健康を維持するという観点から問題のある住宅の健康障害の総称”を意味します。

    詳しく見る