コラム一覧
栃木県、木造住宅・木の家で暮らす。

栃木県産木材 木造住宅 木の家で暮らす

栃木県 八溝杉 木造住宅 木の家で暮らす

栃木県産木材で木造住宅、木の家で暮らしませんか。

木のぬくもりは人を癒してくれるのはご存知の通り。

新建材でもわざわざ木目を印刷した床材・建具を使うのはなぜなんでしょう。

木の城工房では60年~80年生の木から大黒柱に使う気を切ってもらうイベンに参加しています。伐った丸太・切り株にサインをして思い出を作っていただきます。

建てた家に愛着を持って、木造住宅木の家を大事に長く使っ

栃木県 木の家 木造住宅

てほしいと思っています。

栃木県産の八溝杉無垢の大黒柱・無垢杉フローリングアンダー8などをふんだんに使った木造住宅は無垢材の香りのする素敵な空間となります。

無垢材と自然素材の木造住宅で子育てにも安心な空間で健康的に生活してほしいと思います。

 

 

栃木県 八溝杉無垢フローリング アンダー8

無垢の八溝杉のフローリングは、熱を伝えるスピードが遅く足触りがよく、あったかい感触があります。

無垢材ですので季節・湿度により、反り・収縮などが出ますがそれも無垢材・木の家の良さと考えてほしいと思います。木材は一本一本育ちが違います。日当たりのよい場所でまっすぐに育った木、少し日当たりが悪く年輪に偏りのあるものなど様々。

府とがみんな性格・用紙も違うように、木材にもいろいろな性格があるんです。決まった寸法から少しだけ違ってくるものもありますが、それが自然素材の良さではないでしょうか。

栃木県・木造住宅・木の家づくり。

栃木県 大黒柱を伐る 記念のサイン

栃木県の山で育った木材で木造住宅・木の家を造り暮らす。

地元の山の木材を使った家づくりは、地元の山の荒廃を防ぎ、環境を守り地元に仕事を造ることにもなります。

地元の木材を使うことで資源のサイクル、経済のサイクルが維持され地元を豊かにしてくれます。

大人になったときに、大黒柱を伐りに行ったことを思い出して、子供たちにその話をしてあげてほしいと思います。

 

栃木県の森を守る 植林体験 森と家を結ぶ会

木の城工房では、NPO法人「森と家を結ぶ会」で、住む人と環境にやさしい木の家・木造住宅となるよう、八溝杉の苗木を植林する活動を毎年5月に行い、11月には八溝杉の伐採見学、森の大切さなどを知っていただく努力をしています。

子供たちにも植林や伐採~製材~目次製品の流れを知り、木の家に住むことで感性豊かに育ってくれると思います。