コラム一覧
栃木県、自然素材・無垢材で家づくり。

出来るだけ栃木県産木材無垢材自然素材で家づくりを提案しています。

地元栃木県産の木材を使うことで森林のサイクルを守り環境保全につながります。外国産の木材は安価なものも多いですが、海外からの運搬に使われるエネルギーを考えても環境にやさしいとは言えないからです。

使う木材は人工乾燥材ですが、バイオマス燃料で乾燥させた木材が普及するとより環境にやさしい家づくりになります。

もちろん無垢材は、接着剤を使用しておらず、揮発性有機化合物の揮発も少なく住む人にやさしい建材です。昔から木の香りや木目には癒し効果があることが知られています。新建材の表面にも、わざわざ木目を印刷して木に似せる努力をしています。

※内装材として無制限に使用できますが、揮発性有機化合物がゼロというわけではありません。

無垢材・自然素材で造る家具 手作り

無垢フローリング、和紙の壁紙、珪藻土・漆喰などの塗壁、国産イグサ使用の畳、無垢材で造る家具・建具等、自然素材の内装の室内は、有害物質の揮発も少なく、人体にbため込む量が少なくなり、シックハウス・化学物質過敏症にな可能性もより低くなるはずです。

自然素材で家づくりを始めたとき、新建材の下駄箱を設置した家では玄関ドアを開けると、下駄箱の嫌な臭いを感じてしまい、建具・作り付け家具も無垢材に変更しました。

せっかく、自然素材・無垢材の家づくりをしても、引っ越してから芳香剤・防虫剤を多用すると、化学物質を揮発させていることになり自然素材の家づくりを意味の無いものにしてしまいます。

出来るだけ健康に影響を及ぼすことのない暮らしを心がけてほしいと思います。