コラム一覧
高気密住宅の必要性、気密測定。

気密性能C値

栃木県健康的に暮らすための高性能住宅を提案しています。

今でも「高気密住宅は息苦しいので中気密(低気密)住宅が希望です」なんて声を聞くことがあります。

気密とは家の隙間の量のことです。隙間が少ないのが高気密住宅と呼ばれています。

 

気密性能 平成11年基準
次世代省エネ基準

気密性能は、隙間相当面積C値で表され家全体の隙間の合計を建物の床面積で割った数字で表します。

平成11年省エネ基準(次世代省エネ基準)では、高気密住宅は北海道で2c㎡/㎡、東北以南では5c㎡/㎡となっていました。

気密性能を少し意識すれば5c㎡/㎡なんて数値はまず出ません。工法にもよりますが、最低でも2c㎡/㎡ぐらいは確保できます。

少し慣れてくれば1.0c㎡/㎡以下も可能になります。

当社では新築工事全棟で気密試験を行いますが0.30~0.60に収まることが多い。外形に凹凸がない、総二階的な外観の方が数値は良くなる傾向があります。

高気密住宅でも隙間は意外にある?

床面積が100㎡(約30坪)の家で隙間相当面積C値が1.0c㎡/㎡の高気密住宅でも隙間の量は1.0×100=100c㎡ですから、10㎝角の隙間があるわけです。 冬の外気が氷点下で風があったらこの穴を塞ぎたくなりま

気密性能C値

せんか。

断熱性能と共に重要な気密性能ですが2012年の改正省エネ基準では、気密性能が省かれてしまいました。

 

気密性能がいい加減では、壁体内結露の発生が起こりやすくなり、当然ながら隙間から熱が出入りし断熱性能も下がってしまうのになぜ、消えてしまったんでしょう。

理由は、設計段階では気密性能が解らないからと言われています。図面からでは隙間相当面積C値は解らないんです。

あくまで現場施工がしっかりできているかどうかで、数値は全く違ってしまうからということですが、納得がいきません。

隙間相当面積C値
高気密住宅

でも、しっかりした会社、お客様に正直な会社では自社の気密性能をしっかり告知していますし、全棟検査して、お客様に数値をお知らせしているはずです。

断熱性と気密性能はどちらも大切なことですから。耐震性能などと同じです。車でも燃費を公表していない車はないと思います。

隙間の多い家(5c㎡/㎡)では、24時間換気を回しても17%が換気口からで残りは隙間からになってしまい、隙間の少ない家(0.5c㎡/㎡)でも66%が換気口で、その他はサッシュ回りなどの隙間かあ換気をしていることになります。

隙間が少ない高気密の家では熱交換換気で熱ロスを少なくする効果も期待できますが、隙間が多い家では熱交換ができず冬寒い家になってしまいます。

耐震性能、断熱性能と合わせて、気密性能も図ってもらうことをお奨めいたします。ハウスメーカー、工務店、ビルダーでも気密性能を大切に考える会社は気密試験を行ってくれるはずです。

 

気密試験 全棟実施
栃木県 高気密住宅

気密試験を行うことで、現場監督・大工さん等の気密に対する意識が向上します。意識することで性能が上がるわけで特別に費用が掛かるわけではありません。

木の城工房のような小さな工務店が全棟気密試験を行えるのですから。

(気密試験は別途費用の会社もあります)