木の家・自然素材・木造注文住宅の工務店 木の城工房:栃木・那須塩原・宇都宮

木の家・自然素材・木造注文住宅の工務店 木の城工房:栃木・那須塩原・宇都宮のTOPページへ戻る 木の家・自然素材・木造注文住宅の工務店 木の城工房:栃木・那須塩原・宇都宮の電話番号
木の家・自然素材・木造注文住宅の工務店 木の城工房:栃木・那須塩原・宇都宮 の トップページへ戻る
しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
1.温度をコントロール
快適な家を温度面から考えたとき求める性能にもよりますが断熱性能・気密性能(隙間を少なくすること)を高くする必要があります。
冬暖かく、夏涼しい家は、次世代省エネ基準を参考にするといいでしょう。

ただし、次世代省エネ基準の断熱・気密性能でも冷暖房が要らないわけではありません。また、開口部の計画を失敗すると凄く暑い家が出来上がってしまうことがありますので注意が必要です。

快適な家を考えるとき、建物内の温度差が5℃以上にならないように24時間冷暖房することをお奨めしています。
冬の室内温度18℃〜23℃、夏の室内温度25℃〜27℃くらいが一般的に快適な温度と言われています。体感温度は、室内空気温度だけでなく床・壁・天井面からの輻射熱によるものが大きいので断熱性能が必要になります。
断熱性能が低い家は、床と天井面の温度差が大きくなり不快になります。

ヒートショックの心配ない家で快適な生活をしましょう。
断熱性能の低い家ほど暖房温度が高くないと暖かく感じられません。





2.湿度をコントロール
快適な住まいをつくるためには、湿度を40%〜60%にコントロール出来ると快適な生活ができます。

木の家は、構造材(柱・梁など)が湿度をコントロールしてくれます。(ただし、室内にビニールクロスを張ったりビニールで防湿層を設けている場合は調湿機能は、期待できません。)
湿度の高いときは、湿気を吸い込み湿度の低いときは、湿気を吐き出してくれます。
床・壁・天井の仕上げ材を調湿機能のある材料を使って仕上げたり壁体内や小屋裏を、室内と空気が循環する構造にすると室内の湿度を住む人にとって快適な湿度側にコントロールしてくれます。

どれくらいの湿気を木材は、吸ったり吐き出したりしてくれるのでしょう。

当社の50坪で2階建ての場合でみてみます。(通常より木材を沢山つかってます。)
基礎・壁外断熱で屋根は垂木した断熱です。
断熱材の内側で使用した構造材(柱・梁等)が16.5m3、端柄材11.8m3で計28.1m3です。
解りやすい気温30℃、湿度75%のときの平衡含水率は15%です。
当社で使用するスーパーJドライ檜の含水率は、平均だと13%くらいです。
15%−13%=2%分の水分が木材の中に蓄えられた計算になります。
檜の比重を0.4として計算します。
28.1m3×0.4×0.02=0.2248t/m3
これは、水分を新たに約225リットル蓄えたと言うことです。
建物全体では1686リットルの水分を蓄えていることになります。(平行含水率15%の場合です)




また冬の場合はどうでしょうか。

北関東は、全国的に見ても乾燥した地域です。
前橋のデータでは、2月の建物内木材の平衡含水率は10.5%くらいになっています。24時間暖房の家では、10%以下になります。

梅雨時に15%、冬10.5%、その差4.5%分約505
小冊子プレゼント お問合せ・無料相談

提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所