木の家・自然素材・木造注文住宅の工務店 木の城工房:栃木・那須塩原・宇都宮

木の家・自然素材・木造注文住宅の工務店 木の城工房:栃木・那須塩原・宇都宮のTOPページへ戻る 木の家・自然素材・木造注文住宅の工務店 木の城工房:栃木・那須塩原・宇都宮の電話番号
木の家・自然素材・木造注文住宅の工務店 木の城工房:栃木・那須塩原・宇都宮 の トップページへ戻る
しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
地中熱利用住宅
伝導型地中熱活用住宅とは

1.地中熱とは・・・?

私たちが活用する「地中熱」とはマグマの熱ではありません。

太陽熱が地中に蓄熱された熱」です。井戸水や洞窟が冬に暖かいのもこのためです。

地中温度の年間温度の経過(銚子気象台)



地下5mには夏にも冬にも活用可能な熱(冷熱)がある。



2.伝導型地中熱活用



3.伝導型地中熱活用をしていた北海道のアイヌ民家「チセ」

『物理的性質』を活かして、地中熱を活用していた。



4.「チセ」の構造





「チセ」の特徴
●屋根・壁は笹葺き(厚み20cm)+(雪1mで外断熱〔*1〕)
(出入りにはむしろを3枚ずつ重ねてつるす。室内側の壁にはゴザをまく。)
●床は土(地表面)に直接カヤ・ゴザ敷き。(床は板張りにしない。)
●モセム(*2)付設
●イロリの火は消えない程度に1年中絶やさない。

*1:新雪はグラスウール10kgの断熱性能に相当。
*2:モセム:玄関・作業場・物置・風除室を兼ねた部屋。



5.暖房空間を形成するための「チセ」の知恵



室内を地中と同じように温度変化の少ない『安定した温熱環境』に保つ。



床下地中は地下深くまで連続した巨大な蓄熱体となる。

(地表面)全体からの放熱により室内の温熱環境を保っていた。



6.「チセ」に倣った伝導型地中熱活用住宅の特徴


断面図による、垂直温度分布の年間変動

(画像をクリックすると、拡大表示されます。)















小冊子プレゼント お問合せ・無料相談

提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所